朝の編   

 

 

桜は、主に白くうす桃色のものが多いです、普通は全体的に見るとただ白いものです。
しかし、朝焼けの日の光に照らされると、セピア色のグラデーションになり、表情が出ます。

当然ながら、桜咲く季節は毎年やってきます。だから、「桜」と聞いて楽しみを覚えるのは、
おいしいものが食べられる「花見」でしょう。
しかし、桜の花は所によると、1年振りにでも「綺麗だ!」と思える瞬間があります。
桜は年に一度、華やかに咲きながらも、一斉に花びらのみが散り、終わってしまいます。
1年に春の数日のみ白く変化する木(自然)の神秘に触れるような感じがします。

       

普通に花も撮ってみました。花の接写はこのくらいの量で十分ですね。しかし、これではパッと見ただけでは、何の花か区別がつきませんね。

 

なんと言っても、桜はこの華やかに咲く所がいいです。朝焼けの光が当たっていいですね。朝はいいですよ。ヒロ・Tさんも言ってますよ。

 

 

 

 

002004.jpg

たくさんで華やかに咲くのが桜らしいとも言えます。
セピア色に染まる桜の花は、全く別の花のように見えます。

002006.jpg

Copyright by TACHY風景のように撮っても感じが出ます。道をバックとした構図、ちょうどバックの黒っぽいところが桜を際立たせます。(所詮素人の演出ですが…下手な横好きということで)ということで朝の桜を撮って見ました。どうでしたか?朝の桜も綺麗でしょ?
朝早く起きて散歩してみるのもいいでしょう。



             戻る
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO